石油ファンヒーターかガスファンヒーターどちらがおすすめですか? 賃…石油

石油ストーブと石油ファンヒーターってどっちかでいうならどっちか安全ですか?

石油ストーブと石油ファンヒーターってどっちかでいうならどっちか安全ですか?それぞれのメリットデメリットを教えて下さい買う参考にしたいです。
エアコンが一番安全なのは知ってますが、石油ストーブとファンヒーターの二択でお願いします

どちらかと言えば、ファンヒーターの方が安全な気はする。
時間が来ると自然に消えるし、地震などで転倒しても自動消火機能が働くはずだから。
また、直火が表に出ている訳ではないから、仮に近くに可燃物があってもストーブに比べると燃えにくいだろうから。
注:直火に触れないから燃えにくいだけであって、燃えない訳ではない。

ありがとうございます。今まで石油ストーブを使っていて一酸化炭素中毒がこわくて一時間に一回程度換気してましたが、その度に部屋がキンキンに冷えてました。ファンヒーターも一時間に一回は換気した方がいいですか?>これはあくまでも私の主観ですが、安全と言う言葉には二種類あると思うのです。火が見えないのを安全と言う方もいらっしゃいます。逆に火が見えるから危険なものに近寄らないのを安全と言う方もいらっしゃいます。実際に石油ファンヒーターの温風吹き出し口では60度以上の温度になりますので、安全だと手を触れれば確実に火傷をします。それは石油ストーブでも前面のガードに触れれば火傷をするのと同じです。ただ石油ストーブは赤熱したチムニーが赤ですので危険を予知する事は出来ると思います。私の子供二人も孫二人も決して石油ストーブには近づきませんでした。娘曰く一度言えば二人とも危険なのはわかるみたい!との事です。そうです、私の家では普段は石油ファンヒーターで起床して身支度をして会社に行く時に消していきますが、冬期休暇になりますと石油ストーブで点けっぱなしの生活を送ります。その時孫家族が帰省しますのでわらわらとにぎやかで楽しい時間ですが、確かに娘の言葉通りストーブの近くには近寄りませんよ。貴方のお考えの安全とは何が優先するのでしょうか。>石油ストーブの天板は炎の熱が直接伝わり火傷や火災を起こしやすいです、また人が消さない限り灯油が有る限り燃焼を続けるので一酸化炭素中毒になる心配も有ります。自然対流なので天井ばかり暖房されて、なかなか床付近の暖房が出来ませんし温度を一定に保つ機能も無いので灯油の無駄使いにもなります。石油ファンヒーターは温風の出る部分が熱く成りますが、触って直ぐ火傷するほどの温度には成りません。人が継続使用の為に継続するボタンを押さないと3時間ほどで自動消火するので一酸化炭素中毒になる心配も有りません。ファンによる強制対流なので部屋の上下の温度差が小さく火力も強力なので短時間で暖房が出来、火力を自動制御して室温を一定に保つ機能も有るので灯油の無駄使いも防げます。>

石油ファンヒーターの

石油ファンヒーターの火炎検知部にシリコン成分が付着による故障に悩んでいます。
空気中のシリコン成分は空気清浄機で除去出来るのでしょうか?

>石油ファンヒーターの火炎検知部にシリコン成分が付着による故障に悩んでいます。
空気中のシリコン成分は空気清浄機で除去出来るのでしょうか?@;石油ファンヒーターの故障の原因になる化粧品でのヘアケア剤保湿クリーム、衣類での撥水柔軟剤静電防止剤、家具等での艶出保護剤などは、シリコーンが配合されています。
ファンヒーターと同時に使用しないでください。
着火ミスや途中消火、換気サイン点滅の原因になります。
空気中の揮発性のシリコン成分は空気清浄機で除去は出来ません、故障に無縁とするならFF式の石油ファンヒーターか石油ストーブでせうnnaakkaa22さん2016/11/2113:26:43

石油ふろ給湯器が壊れてしまい、買い替えようと思うのですが見積書してもらったら…

石油ふろ給湯器が壊れてしまい、買い替えようと思うのですが見積書してもらったら結構な値段でした。
もし、お風呂はシャワーだけで風呂の追い焚きは無くても良いのなら普通の石油給湯器を取り付ける事は出来るのでしょうか?石油ふろ給湯器の買い換えの場合は「OTX-305SAYV」になると言われました。

結構な値段とは どれくらいの割引でしょうか?石油機器は5-6割引きが安い相場だと思います 浴槽の穴をふさげば 給湯専用機器にもできます参考に 工事税金込みでOTX-305SAYV 16-18万程度 OX-307YV 12-13万程度だと思います 後は現場見積もりによります当社などは穴をふさぐのは サービスでやってます が激安店など 高い追加料金など取るところもあるので気を付けて下さいまた 安いだけのいい加減な工事対応をする会社も多いので気を付けて下さい追加料金なし!などとうたっていながら工事の当日や工事の後に 追加料金を何万も取るような会社もありますタウンページなど見て 近隣市内の安くて親切いい業者をご自分で探してみて下さい

石油ふろ給湯器から石油給湯器への交換は可能です。(循環金具取付の部分にメクラ)>この国は、共産国ではないのだから、あい見積もりを取る。>

石油が用いられている原材料は多々ありますが、石油の取り扱いが行われている業種…

石油が用いられている原材料は多々ありますが、石油の取り扱いが行われている業種というのはどういった業種が世の中にありますでしょうか?

大きく2つに分かれます。
エネルギー産業(石油系)全体:1. 輸出入商社2. 石油元売(系列小売販売店を含む)3. 独立系石油販売業4. 電力会社5. ガス会社化学工業の大半:1. 石油元売から石油製品(連産品)を購入して更なる分留・精製を行う企業2. 連産品を元に工業製品を製造販売する企業←実はコレが化学工業の本流(化学肥料製造業、無機化学工業製品製造業、有機化学工業製品製造業、油脂加工製品・石けん・合成洗剤・界面活性剤・塗料製造業、医薬品製造業、化粧品・歯磨、その他の化粧用調整品製造業、その他の化学工業)前者は石油を燃やす前提、後者は石油を製品として商品にする前提ですね。

石油元売りとか石油精製業とかいろいろあります、>

石油ファンヒーターと似たような暖房器具でおすすめなものはありますか?

石油ファンヒーターと似たような暖房器具でおすすめなものはありますか?現在石油ヒーター使用禁止のアパートに住んでいてエアコンの暖房を付けているのですが電気代が高くて困っています。
石油ファンヒーターの代用になるような暖房器具は何かありますか。

木造アパート(断熱性能は低いので)だよね 答えはなし。
昔住んでいたけどみんな冬は石油ストーブ使っていた。
当然禁止だけど大家がしょぼいエアコンつけていたので外気温度が10℃以下になると暖房なんて効かない。
大家にとっては店子原因の出火であれば自分は関係ないし保険は降りるそんな感じですよ 実際は。
ハイツ形式のアパートなら気密性があるので高価格のエアコン買えば外気が氷点下5℃程度までならエアコン停止はなく満足な暖房は得られる。
また電気代もそんなにかからない。
高価格のエアコンは電気代安くて暖房もよく効くんですよ貧乏人は高価格のエアコンなんてカネの無駄とか言っているけどそんなことない。
正攻法なら石油ファンヒーター使える物件に引っ越しこれなら安いし冬あったか。
市営住宅・県営住宅なら石油ファンヒーターOKの物件もある。

>石油ファンヒーターと似たような暖房器具でおすすめなものはありますか?現在石油ヒーター使用禁止のアパートに住んでいてエアコンの暖房を付けているのですが電気代が高くて困っています。石油ファンヒーターの代用になるような暖房器具は何かありますか。

@;石油ファンヒーターの方がランニングコストは高くなります、エアコンの能力が低いのでは?、大きな部屋に小さな能力のエアコンを設置してませんか?、又は窓が大きいとか?ペアガラスとか二重サッシ、断熱カーテン等での断熱性を上げるとかの対策が必要なのかも
ID非公開さん2017/11/2506:47:47>石油ファンヒーターの代用としては、遠赤外線ヒーター(例として、コロナのコアヒート)があります。しかし、部屋の空気自体を暖めるものではなく、遠赤外線が当たった所のみを暖めるもので、しかも、熱効率はエアコンの何分の1かなので、電気代はエアコンよりかさむことが考えられます。
おすすめは、エアコンの設定温度をいくらか下げて、厚着(厚手の室内履き、帽子含む)をし、服に使い捨てカイロを仕込むことです。また、足元には、足温器(例えば、デスクスパ)を置かれると良いでしょう。>現状ランニングコストが一番安い暖房はエアコンとされています。石油やガスに変更するとよりコストがかかる可能性がありますよ(^^;エアコンの対応畳数が合ってない場合はコストは高くなるとは思いますが、その場合は対応畳数が合っているエアコンに買い替えがオススメだと思います。エアコンの型番で対応畳数は確認できます。>ガスファンヒーターは無理ですか?>現状はルームエアコンに勝る暖房器具はないと言ってよいでしょう
1の力で5くらいの力を出しています
無限に近い大気中のエネルギーを室内に運んできているからです>

石油ファンヒーターに関して質問です。

石油ファンヒーターに関して質問です。
灯油を燃料としてるのに、なぜ、『石油ファンヒーター』なのでしょうか?灯油を使って暖めているので、『灯油ファンヒーター』でいいのではないのでしょうか?正直、どうでもいいことですが、名前の由来とかわかる方、教えてください。
よろしくお願いします。

地球からとれた鉱油全般が石油ですそれを精製してガソリンや灯油、軽油、重油等ができます灯油ファンヒーターでもよいのですが最初に石油ファンヒーターの呼称がついたので流れでそう呼んでいるだけです

>石油ファンヒーターに関して質問です。灯油を燃料としてるのに、なぜ、『石油ファンヒーター』なのでしょうか?灯油を使って暖めているので、『灯油ファンヒーター』でいいのではないのでしょうか?正直、どうでもいいことですが、名前の由来とかわかる方、教えてください。よろしくお願いします。

@;灯油は元はランプ/照明に用いる油との事での灯油でしたのでストーブに用いる場合には別称での石油ストーブとなり、石油ファンヒーターとの事でせう
poo_verbさん2017/11/2910:10:14>1978年に三菱電機(群馬製作所が開発)は灯油を燃料とするクリーンヒーターを初めて商品化開発し、商品名「ダンファン(暖ファン)」として販売し、以後各家電メーカー、暖房器具メーカーが参入した。
当時は、三菱石油ガス化ファンヒーター(ダンファン)が名称^^;
ダンファン(暖ファン)」は当時の三菱石油ファンヒータの愛称です。
石油は石油製品の総称で、一般的には液体のガソリン、灯油、軽油、重油、潤滑油、アスファルトなど、原油を精製して作られる石油製品なので、三菱灯油ガス化ファンヒーター(ダンファン)に
すればよかったのでしょう^^;
家庭で使う石油は、灯油と同義に使われた、ということで、、、
灯油にしておけば、わざわざ、ガソリンを使わないように、、、の注意書きは必要ではなかった^^;

蛇足、、、
三菱石油株式会社(みつびしせきゆ)は、かつて存在した日本の企業である。現在ガソリンスタンドのENEOSを全国に展開しているJXTGエネルギーの前身の一つで、1931年から1999年まで存続した三菱グループの石油会社である。しかし開発は三菱本体^^;>正確には灯油、さらに厳密にいえば「1号灯油」なのですが、石炭じゃなくて「石油燃料のストーブ」だと、そういう石炭だとか薪のストーブと区別する程度の意味で「石油ストーブ」が一般名称みたいになったのだと思います。>

石油ファンヒーターのメーカーについてです。
ダイイチとコロナなら皆さんならどち…

石油ファンヒーターのメーカーについてです。
ダイイチとコロナなら皆さんならどちらが好きですか??ダイイチは点火が早いみたいですがコロナの方が省電力みたいです。
電気代いくら位違いますか?自分は石油ファンの知識なく安いダイイチを購入してしまいましたよ。
補足メーカーによってファンのエンジンが違うみたいですね。
調べましたよ。

点火時間だけで言えばダイニチですね。
しかし、ダイニチは燃焼方式の関係上、消費電力が異常に高いことと、故障が多いので安かろう悪かろうって感じですね。
ダイニチとコロナの消費電力の違いについてはネット上で沢山出てくるので言うまでもないですが、1シーズンで数千円の違いが出るみたいです。
初期費用はダイニチの方が安いですが、コロナは1シーズンで元が取れてしまいます。
故障もダイニチに比べたら少ないです。
なので、私はコロナ派ですね。
高級感もありますし。
家電量販店の広告などにも違いが記されていたりするので見てみるといいと思います。

コロナは故障多い、ダイニチは故障しない
トヨトミも良くない、>ここを見ました?
完璧に調べて比較してますね。
https://ikinarilarc.wordpress.com/2013/01/12/石油ファンヒーターランニングコスト比較してみ/

電気代はkWhと言って1kW(1000W)を1時間
使った単位で決まります。
段階的に使う程高くなるのですが26円位で
計算すれば良いと思います。

例えば100Wのものですと10時間使うと
1kWhとなります。
1000/100=10時間
2000Wですと0.5時間(30分)で1kWhとなりま
す。

このファンは最大で120W位でしょか?
1000/120=8.3時間で1kWhとなりますので
最大で使って8.3時間で26円です。

最大ではないでしょうから1日10?15円と言
った所では。>

石油を1日150L(リットル) 使用する工場がある。

石油を1日150L(リットル) 使用する工場がある。
石油がなくなったら、一定量の石油を注文し、即座に工場に届け、その石油を工場内に保管しながら使用してゆき、なくなったら再び一定量の石油を注文し、即座に工場に届けるという過程を繰り返す。
その際、注文に要する経費(石油の原価を除いた輸送代など)は石油の量に関係なく1回の注文につき12000円であり、また、石油を工場内に保管する経費(場所代や保険料など)は1日、1L当たり0.1円である。
このとき、一定期間における注文及び保管に要する経費の合計を最小にするには、1回に注文する石油の量を何Lにすればよいか。
ただし、xL注文した場合、石油が工場に届いてから、なくなるまでの間の石油の平均保管量はx/2Lとする。
①3000L ②4500L ③6000L ④7500L ⑤9000L出来れば、短時間で解ける、速く出来て、分かり易い、複雑でない解法(例えば比や、選択肢へ当てはめ、など)を教えて頂きたいのですが。
注文多くてすみません、よろしくお願いします。
補足すみません、答えは、③6000L です。
因みに、相加相乗平均以外の解法は、ありますでしょうか? もしあれば、教えて頂けますか。
よろしくお願いします。

1回の注文について考える。
注文に要する経費は、注文する量に関わらず、12000円xL注文したとすると、xLを使い切るまでの日数は、x/150日平均保管量はx/2Lなので、保管に要する経費は、x/2×x/150×0.1=x^2/3000円合わせて、12000+x^2/3000円1日当たりの経費は、(12000+x^2/3000)/(x/150)=1800000/x+x/20最小値は、相加相乗平均より、2√90000=600600Lになりますが、選択肢に600Lがありませんね。
問題文は正確ですか?私の計算が間違っていたらすみません。

ありがとうございます。すみません、答えは、③6,000L です。以前、類題で相加相乗平均を使っていたような気がするのですが、この問題も、やはりこれを使わないと解けないんですかね? お願いします。>

石油元売り各社はガソリン需要低迷により近い将来経営破綻に陥りませんか?

石油元売り各社はガソリン需要低迷により近い将来経営破綻に陥りませんか?石油元売り各社はそれぞれ新エネルギーにも手を伸ばしているそうですが、収益の柱である石油製品の需要が今後減少の一途をたどる中、どうあがいても巻き返しは不可能だと思います。
これは石油元売り各社共通の認識で間違いないと思いますが皆さんはいかがお考えですか。
(もちろん全ての自動車が電気や燃料電池にならない限り、ガソリン需要はなくなりません。
しかし需要低下の流れは止めることができないと思います。
事業縮小、リストラなどは避けられないはずです)投資家の方、業界の方、一般の方よろしくお願いします。
補足特許を取得して…というお話ですが、日本の石油元売大手は今後半世紀近くは健全に生き残れるとお考えですか?

確かに日本だけ見ると人口減少。
若者の車離れ、ハイブリットをはじめとする低燃費化により石油製品の需要は減少していますね。
一方アジアでは先進国に追い付け追い越せの勢いで人口増加、生活レベルの向上が著しい事も事実。
日本のピークの石油製品の総量は2億5千万KLでしたが現在2億KLまで減りました。
しかしアジア地域の需要は年々増加しており、日本の減少などすぐに吸収しています。
日本国内の石油元売りとしては外資系と民族系がありますが、JXも出光もベトナムに最新鋭大型製油所を建設していますよ。
数年後にはJXや出光のベトナム製油所から日本に輸入する時期が来ますね。
アジアは車の普及もまだまだこれからですよ。
シェル、エクソンモービルはとっくに日本の市場など見限ってアジアにシフトしていますよ。
無くなっては困る産業ですし、国策もありますので国内に製油所は残りますがね。


コスモも筆頭株主はペトロブラスで外資系ですよ。
ブラジルの国営石油会社です。
日本の先端技術はまだまだ後進国で必要です。
あと少し吸収合併はあると思いますが、比較論でまだまだマシな業界だと思いますがねー。
国内製油所の規模縮小は石油高度化法の最終年度である今年大きく進みますよ。
日本の石油元売りからアジアの石油会社になるためにね。
もう一度いいますが、世界人口は急激に増えており石油製品の需要も年々増加っしています。
ちっぽけな日本だけで考える訳にはいきません。
もひとついうと枯渇問題も100年大丈夫ですよ。
シェールオイルもオイルサンドもありますから。

各社が経営破たんという表現はおかしいですね。

1社くらいあるかもしれませんが、その前に、合併したり身売りしたりというように、

現在、約8社ある元売りが6社くらいになるような統廃合が進むことは間違いありません。

この話は今に始まったことではないですし(もともと元売りは20近くありました)。

半世紀は健全に生き残れると思います。

電気自動車は普及する兆しはほとんどありませんし、もし20年後くらいに燃料電池車が一般に普及しだせば、今のガソリンスタンドが水素ステーションになるでしょう。>確かに、ガソリンに限らず需要は落ちていますし、人口減少
に伴えば、比例して縮小するのでしょう。
もちろん、石油業界だけでなく、全ての業種・・・銀行も自動車
メーカーも小売業も公務員も逃げ道なく半分になります。
そういう意味で言えば、石油業界は既に海外にシフトを始めて
いますし、売上げを落としても収益は確保する体制になっています。
目立ちますが、内容は悪くないというのが見方です。

自動車メーカーはじめ、タイヤメーカーなども現地生産をしています
が、石油元売りも原料や潤滑油などで追随しています。
既に、海外の売上げが国内を上回っているかもしれません。
石油製品というのは、ガソリンは氷山の一角で、直接困るのは、ガソリン
に依存した販売会社だけと言っても過言ではありません。
軽油、重油、灯油、ジェット燃料、アスファルト、潤滑油、LPガス、薬品
や塗料、タイヤなどの原料から、プラスチック、ビニールなどの原料に
至るまで、石油の関わらないものはないと言えます。
ですから、需要が激減するということはあり得ません。
そしていち早く海外シフトして来たのも元売りです。

外資系メーカーが撤退とか、さらなる合併統合なども考えられますが、
他の業種に比べれば、人口減少の荒波を避ける術を持った業界と言え
ます。
株価の低迷している企業と、上昇している企業に分かれますが、投資家
の判断は堅実だと思います。永い目で見れば、減少しても欠くことの
出来ない業界と言えますね。>需要が減ったら、減ったなりに生き残りを考えるのが企業経営です。

石油業界に限らず、人口減少社会において我が国の内需関連企業は皆同じ課題を抱えています。

生産効率を上げる、事業を多角化する、海外企業と合弁するなど、選択肢は複数あり、その舵取りを間違わなかった企業は生き残るということです。

少なくとも、需要減少=経営破綻という図式は誤りですよ。>もちろん考えているようです。産油国も元売各社も石油以外の燃料、原材料探し、作りで特許を膨大に所有しているとの報道もありました。原発、核燃料、バイオ燃料、太陽電池、風力、燃料電池などなどです。
捕捉に:どの会社もポスト石油に対して対応はしていますがそれが成功するとは限りませんし、成功しても100年間企業が存続するかどうかはそれとは別問題だと考えます。意図的に計画倒産、別会社設立もあり得ますし、資本主義が終わって次のステージへ移行することも考えられます。>

石油ファンヒーターかガスファンヒーターどちらがおすすめですか?

石油ファンヒーターかガスファンヒーターどちらがおすすめですか?賃貸マンション部屋は1LDK、40m2、主にリビングが暖まればよいと考えています。
今はエアコン、ホットカーペットです。
ガスファンヒーターはガス栓を増設する工事などもあり2万程かかります。
(管理会社に了解済み)月々の料金など、使い勝手、お手入れなども含め購入するならガスファンヒーターか石油ファンヒーターか意見をお聞かせください。
宜しくお願いします。

燃料費で言うと、ガスの方が高いです。
但し、ガスの利点は、給油(補充)という作業が必要ない、点火までが早いなどがあります。
石油の場合は、給油しないといけない、その給油する為の灯油を買わないといけない、と、なりますが、燃費で言うと、ガスよりは安いです。
1時間当たりの燃料費として、大体の値段ですが、灯油だとかかっても15~20円ですが、ガスだと25~30円程度と言われております。
但し、補充しなくても良いとか点火するまでが早いとかを見ると、ガスも人気が高いですよね・・・我が家では、燃料費の事を考えて、灯油を使っております。
ダイニチのブルーヒーターを使っておりますが、何だかんだ言っても、40秒で着火します。
ガスファンヒーターのスイッチONから5秒以内で点火ってわけにはいきませんが、個人的には、十分かと思ってます。
昔使っていた三菱のARCバーナーのタイプは、スイッチONから実に2~3分も待ちましたね。
現在はコロナのみ。
且つ、点火までの時間が長いのはトヨトミですよね。
まあ、着火までの時間、燃料補充の必要性が無い等を考えるとガスに分がありますが、燃料費の事を考えると、給油とかありますが、石油の方が安いです。
ガスも灯油も共に1時間に1回程度(5分程度)の空気の入れ替えは必要です。